--.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2016.10.05 23:27|我が家のゆかいな息子たち
     ブログ放置していたときに決まりました。

     長男は来年度スリランカの先生として協力隊に行くことになりました。

     主人は、

     「来年か再来年にはスリランカに行ってみんといけんなー」と。

     そうだよな~。

     でも、トドのような生活が身についている私は、「スリランカより留守番がいいな」って頭によぎって・・・

     いかんいかん!

     インドに行ったときは感動だったじゃないか!息子が行くスリランカに行かないなんて有り得んぞ!

     心の中で叱咤する自分。

     ま、今から悩んでも仕方ないので、行く時期になったら悩も~っと。
    スポンサーサイト
    2016.10.05 23:20|つぶやき
     もう10月
     またまた放置ブログになっていますが、若者のコメントのおかげで存在を思い出しました(笑)
     感謝です。

     でも、ブログを書かなくなったというのもまた善い兆しなのかも。

     なぜなら、自分を主張しなくてもへーきになったから。

     ブログを書くというのは、やっぱり「知ってほしい」「聞いてほしい」が根底にあると思うので、書く気持ちがなくなるというのは心が解放されているのかもしれない・・・っていうのは言い訳?(笑)

     ところで、私はこの頃自分の中の不平不満や不快、怒りが出てきたときは自分の心の調律がうまくいっていないときなんだと思って、自分を振り返ることにしています。

     どんなに不快なことも、むかつくこともね。

     それに気が付いて振り返ることができるようになったなんて我ながらすごいと自画自賛しています。

     それに気が付いたのは出講に行った先で私がいうことにいちいち「そんなことなーい!」と反応してくれる方がいたことがきっかけです。

     「やっぱり両親に感謝すると職場の上司や結婚相手も自ずとよいご縁が・・・」なんて言うと、「え~!そんなことな~い!だって私の友だちで独身だけど両親ととっても仲いい人多いよ~!」と力説するざんす。

     「自分を肯定的に思えると人にも大きな心でやさしくできる人が多いですよね」って言うと、「え~!そんなことな~い!だって自分のこと嫌いな人でもやさしい人いっぱいいるもーん」
     
     「あんた!生長の家の話を聞きにきたなら最後まで黙っとかんかい!」と心で叫ぶ私。

     まあ、落ち着いて考えたらマインドコントロールされてはなるものかという一種の反抗だったのかもしれませんが、よくまあ講話中に突っ込みいれてくるなあと不快でとっとと帰りたかったぐらいです。

     もちろんそんな発言するのは開催者さんじゃないですよ。

     時間にはきっかり終わってムカムカしながら帰ったのですが、車中で知人に電話で愚痴ってすっきりして・・・でも考えたんですよ、何でああいう人と縁があったのか。

     よくよく考えるとやっぱりそういう出会いにも感謝という気持ちになったんです。

     あの方がそういう姿を見せたのも意味があると。

     そう思うと、日ごろニコニコ頷きながら聞いてくださる誌友さんのありがたいことったらありゃしない。それが当たり前じゃないんだ。

     また、私だったからそういう姿を見せられたのかも。私の言い方が不快な言い方でなかったか。

     今度そんな風な突っ込みがあったらどう反応しようか。その人も神の子なんだから、そう思って対応できるようにするには・・・などなど頭の中は様々なことがめぐります。

     だからいいんだよね、きっと。

     そういう風に考える私は素晴らしい! 
     
     でも、そういう風な機会を与えてくれたのは、不快なことを言ったあの方なんですよね。

     私の心が変われば問題も問題じゃなくなる。

     「ああ~、よかった。あの時ぶち切れなくて」

     まさかあのムカムカがこんなオチで片付くとは思わんかったわ(笑)
    2016.07.18 22:07|色々
     三男の中学卒業をきっかけに、主人と私もスマホにしました。

     それまではガラケーでネットを使うことはなかったのですが、スマホだと金額も跳ね上がった分ネット環境も利用しなきゃ損って感じになり、you tubeを利用して生長の家の講話を聴くことも多くなりました。

     あ、講話もいいですが、you tuberの投稿もお役立ち情報満載でおもしろいですね。一時期、マリリンさんのメイク動画(ディズニーのキャラクターメイクとかが多い)や、かずさんの日曜大工動画にはまっておりました。

     私はほとんどテレビは自ら見ないのですが、you tube見てるとアッという間に時間が過ぎてしまいます。

     で、話は講話に戻しますが、ここ数日聞いているのは、徳久先生の「指導者のための生命の実相講義」です。この講話は選挙の話とか出てくるのでかなり昔のお話なのでしょうが、生長の家の人が陥りやすいことが語られているので勉強になります。

     やっぱり生命の実相だなー。しみじみ。

     で、生命の実相一巻からまた読み始めています。でも、読み返しながら、理解しながら読むのでページが進まない

     4年前に一巻は読んでいるのですが、もう一回初めからです。

     私は出講に行った時相談を受けたら「私は~と思う」と言うようにしていていると以前書いたことがありますが、やはり雅春先生がどういう風に説かれているかってことを話さなきゃ生長の家の講師じゃないと徳久先生は言われているんですね。徳久先生が「私はこう思うって言ったらそれは徳久教ですよ」って。

     で、雅春先生がどのように言われているか正確に伝えるためには、やっぱり本を読まなきゃいけない。

     そして、この頃のご時世に対応するには雅宣先生の本をしっかり読まなきゃなって思います。

     ずっと前ですが、友達から生長の家は「心臓移植とかどう思ってるの?」とか「環境問題や災害についてどう考えているの?」と聞かれたことがあり意外に思ったんですね。

     それについて書いてある本は生長の家の聖典の中にたくさんありますが、ふつうの宗教ではあるのかなあ?

     そうそう、また話が飛びますが、むか~し父が生長の家の発想は都会的だと言っていたんですね。まあ、父は組織とか好きじゃないので相愛会には入っていませんが。
     うちの実家は超ド田舎ですから、自然と共にの生活ですからね。最終バスも6時代まで。
     
     でも、そんなド田舎で育った私でも自然の草花や生き物を知らないんですよね~

     時には父が夜に、

    「今日は星がきれいじゃなー。ちょっと出てきてみなー。」

    と言うので、外に出て行き私たち兄弟はフェンスにもたれかかって星空を見たものです。今もですが、田舎は星が大きく見えて星座の話を父から聞きながら自然の素晴らしさ、雄大さを感じたものです。

     なんか話が飛びまくりでしたが、要は生命の実相を読みたいと改めて思っているということです。ハイ。
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    tomy

    Author:tomy
    40代後半に突入でも心は10代!
    日々様々なことに感動しています。
    すっかり自己満足のブログにはまっています(笑)

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    最新記事

    最新コメント

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ

    リンク

    アクセスカウンター

    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。